社会人の生命保険

社会人になったら、経済的な面からも、親から自立することと思います。
自立の為の心構えとして、生命保険に、しっかりと加入しておくことが必要です。

 

社会人の生命保険とは言っても、死亡保障については、「せめて自分が亡くなった時に掛かる費用くらいは、遺族に負担させないようにしておく」という程度で十分です。

 

また、ご自身の病気・ケガの治療の為に、まずは医療保険を検討することが必要とも考えられます。
では、保険の加入や見直しあたって、どのようなことに注意をればよいでしょうか。

 

1、加入目的について優先順位をつけて、その目的を明確にする。

 

・ご自分の治療を目的とした、入院保険・がん保険・三大疾病対策などの保険を押さえる。
・ご自分が亡くなった時に掛かる葬式代・お墓代に相当する最低限の死亡保険を視野に入れて検討する。
 (これは、結婚して家族をもった場合も、同様です。)
・自立する努力としての、年金・蓄財を、スタートさせる。
・その他、ご自分の希望をリストアップして、それぞれに優先順位をつける。

 

2、生命保険の加入を検討する上でのアドバイス

 

独身の人の場合、ほとんどの人が、まだ扶養している家族がいるわけではないでしょう。
ですから、その段階では、大きな額の死亡保障は、まだ必要ではありません。
ご家族に仕送りをしていて、ご家族がその仕送りに頼った生活をしている場合は、もしご自身が亡くなった場合、ご家族は経済的に困ります。
このような場合は、ご家族が受取人となる死亡保険が必要です。

 

とはいえ、自分自身のことを一番に守れなければ、話が始まりません。
優先ジュにをつけるのであれば、独身の人の場合、まずはご自身が病気をした場合のリスクを、しっかりカバーすることを考えましょう。
それが出来た上で、死亡保障について考えるのが、一般的ではないでしょうか。

 

死亡保険について検討する場合は、以下のポイントに注意しながら検討してみてください。

 

まず、改めて考えたいのは、「死亡保障が本当に必要かどうか」ということです。
もしそれが不要な場合は、話は簡単です。
後は、医療保険のみに集中すればいいのです。

 

では、「死亡保障が何もなければ、万が一の時に不安、では、いくらが妥当なのか」と、いう場合はどうでしょう。
この場合は、「保険金額」が「いつまで必要なのか(保障期間)」ということが重要になってきます。

 

独身の人の場合の「保険金額」は、一般的には自分自身が亡くなった時の、死後の整理資金(お葬式代・お墓代)ということになります。
その金額は、大体「200万〜500万円程度」を目処に、ご予算とのバランスで設計していきましょう。

 

「いつまで必要なのか(保険期間)」については、目的は、「死後の整理資金」です。
亡くなるというのは、いつ起こるか分からないことです。
ですが、生きていれば、誰にでも100%起こりうることですから、一生涯(終身)の保険期間があるものを設計される人が多いようです。

 

ですから、まだ先のこととは思わず、早いうちから、ある程度の金額の保険に加入しておくのも、賢い選択です。

 

保険の重要性に気がつき、これからの未来をしっかりと見据えた保険の加入を検討したいと思った人もいるはずです。
自分だけでは分からないという人は、保険のプロであるファイナンシャル・プランナーに相談して、基本から教えてもらうのも1つの方法です。

 


今、保険加入のことで悩んでいる方におすすめ!


保険料が安くて合理的な保険を組むにはやはり、保険のプロの相談相手が必要です。


最近はWEBから申し込める無料保険相談サービスの利用者も多く気軽に相談できるのでおすすめです!