新築購入の際の住宅ローンと保険の見直し

おうちを建てた時、だいたいの人は、住宅ローンを組んで支払いを進めていくと思います。
一般的に、金融機関の住宅ローンを利用した場合、「団体信用生命保険」も、併せて加入しています。

 

住宅ローンの返済期間中に、万が一のことがあった場合も、団体信用生命保険に加入しておけば、ローンの残高は、ここから銀行へ支払われます。
ですから、残されたご遺族は、ローン返済に苦しめられることはなく、安心してマイホームに住み続けることが出来るのです。

 

住宅ローンを組む前に、賃貸住宅に住んでいて、尚且つ、生命保険に加入していた人の場合は、どうなるのでしょうか。
一家の大黒柱に万が一のことがあった場合、ご加入中の生命保険には、「以後の住宅費用」を考えた設計になっている可能性があります。

 

これは、とても重要なことです。

 

住宅ローンを利用しておうちを購入した場合、保険が節約出来るケースがあります。
ですから、住宅ローンを組むときには、一度、加入中の保険も、併せて見直すといいでしょう。
ですが、保険は複雑な面もありますから、素人だけで判断するのは、難しいところがあります。

 

ファイナンシャル・プランナーは、保険も含む金融のプロです。
ですから、住宅ローンと生命保険のことを、一緒に相談することが出来るのです。
新築購入の際は、住宅ローンと一緒に保険の見直しをしてみましょう。

 


今、保険加入のことで悩んでいる方におすすめ!


保険料が安くて合理的な保険を組むにはやはり、保険のプロの相談相手が必要です。


最近はWEBから申し込める無料保険相談サービスの利用者も多く気軽に相談できるのでおすすめです!