専業主婦が生命保険に入る必要はあるのか

専業主婦は、もし万が一のことがあっても、経済的な影響は、それほど大きなものではありません。
ですが、保障のあるものを用意しておくに越したことは、ありません。
専業主婦が生命保険に入る必要は、あるのでしょうか。
また、もし加入するとしたら、どのような商品が最適なのかで、お悩みの人も多いようです。

 

専業主婦の保険の必要性

 

専業主婦の人の場合は、一般的には、大きな死亡保障は不要といえるでしょう。

 

生命保険の死亡保険金は、ご自分に万が一のことがあった場合、遺族がその後の生活に困らないように遺すものです。
そういった意味では、他に稼ぎ手のいる専業主婦の人の場合は、ご自分の葬儀費用程度の死亡保障があれば十分だと言えます。

 

ですが、母親に万が一のことがあった時、お子様がまだ小さい場合は、どうでしょうか。
ベビーシッターや家事代行などを頼む必要が出てくるかもしれません。
この場合は、やはりそれなりの保障は、必要です。
しかし、何千万円という高額の死亡保障は、やはり不要ではないでしょうか。

 

お子様が小さいうちは、色々と出費がかさむものです。
教育費だけでなく、住宅ローンの返済などで、家計にあまり余裕がないことも多くあるようです。

 

貯蓄性はありませんが、お子様が独立するまでの期間で必要な保障を得るなら、保険料の安い定期保険でも良いでしょう。

 

また、入院したり、介護状態になった時、亡くなった時の葬儀費用など、それだけを考えてはいけません。
より安心出来るよう、死亡保障だけではなく、ケガや病気で入院した場合の医療保障も準備しておくことをお勧めします。

 

保険は、何かと複雑な部分もあります。
ですから、定期保険・終身保険・掛け捨て・貯蓄性のある保険商品などは、一度、プロに相談してみるのもいいと思います。
フィナンシャルプランナーなどをうまく活用して、賢い保険プランを立てましょう。

 


今、保険加入のことで悩んでいる方におすすめ!


保険料が安くて合理的な保険を組むにはやはり、保険のプロの相談相手が必要です。


最近はWEBから申し込める無料保険相談サービスの利用者も多く気軽に相談できるのでおすすめです!