離婚後の保険の見直し

離婚すると、いろいろと、何かしらの手続きが必要になってきます。
離婚するということは、「一人で生きていく」ということになります。
夫婦で補い合って暮らす生活では、なくなるということでもあります。

 

ですから、離婚後は、「自分のための保障」という部分に、焦点を当てて考えることが必要になってきます。

 

ここで、まず確認すべき部分は、「既に加入している保険の契約内容」です。
契約者の名義変更だけでなく、保障内容の見直しも行うことが大切です。

 

また、大切なお子様をご自身で引き取る場合、今後必要な教育資金のことも十分に考慮しなくてはいけません。

 

契約者の名義変更

 

ご夫婦で、契約者と受取人を、別々に設定なさっている人は、よくいらっしゃいます。
この場合は、契約者ご本人が保険会社に申し出れば、契約者変更の手続きがなされます。
女性の場合、離婚後に旧姓に戻る人がほとんどだと思います。
契約者が女性の場合は、住民票のある市区町村に出向くなどして、戸籍謄本を用意した上で、保険会社に名前の変更申請を行う必要があります。

 

離婚後の保険の見直し

 

今まで、夫婦の収入で生活してきましたが、離婚をすれば、ご自分の収入で生活をしていかなければなりません。
毎月支払う保険料で、生活を圧迫されては、本末転倒、意味がありません。
ですから、保険料についても、一度見直す必要があります。

 

その際、必要な保障については十分な金額を確保出来るようにしましょう。
逆に、不要な保障は意味がないので、必要のないものはカットしましょう。
これは、ファイナンシャルプランナーに相談するのが一番いい方法です。
素人考えでは難しい部分もありますから、ファイナンシャルプランナーに、きちんと相談しましょう。
離婚をしても、保険自体は、保険加入期間半ばの状態です。
この段階で見直しを掛けるわけですから、ご自分だけで安易な判断は、返って逆効果になります。

 

大切なお子様の将来を考えましょう

 

ご自分で、お子様を引き取る場合、お子様が成人するまでの間は、自分自身に、大きな死亡保障を掛けておく必要があります。
仮に、ご自分に万が一のことがあった場合、お子様は、どうすればいいのでしょうか。
そういったことも、きちんと視野に入れて考えなければいけません。
生活費に加え、大切なお子様が、変わらず学校に通い続けていけるよう、教育費のことも考慮した上で、保障額を検討することが大切です。

 


今、保険加入のことで悩んでいる方におすすめ!


保険料が安くて合理的な保険を組むにはやはり、保険のプロの相談相手が必要です。


最近はWEBから申し込める無料保険相談サービスの利用者も多く気軽に相談できるのでおすすめです!