学資保険に加入する際の保険契約者

「学資保険に加入する際の保険契約者」。
これは、被保険者が子供であるのに対し、両親のどちらかになるのが一般的です。
つまり、夫もしくは妻が、保険契約者としてサインをします。

 

学資保険の場合、保険契約者の万が一の死亡に備えた保険金、即ち「育英年金」が支払われる商品が多くあります。
つまり、この対象が、夫もしくは妻のどちらか一方である、ということです。

 

大抵のご家庭では、大黒柱的存在であるのは、殆どの場合、夫であるでしょう。
この夫が、万が一亡くなってしまうようなことがあった場合、一家を支える人がいなくなることになります。
そうなると、遺された家族だけで生計を立てていくというのは、とても大変なことになってしまうのです。

 

こういったケースから考えても、名義人(保険契約者)は、夫を選択するのが無難であると言えるのです。

 

しかし、最近になって、増えてきているものがあります。
それは、離婚です。
離婚というケースを考えた場合、必ずしも保険契約者を、生計を立てている夫(または生計を立てている人)にしておくことが、適格なのかどうかが、問われます。

 

と言うのも、万が一、離婚をした場合、一般的にみても、子供の親権を得るのは、妻である場合が多いからです。
夫と別れて、妻と子供の二人で生活をしていくことになった場合。
この場合、果たして、妻が一人で、継続して保険料を支払う能力があるかどうか、ということも、問題として挙がってきます。

 

つまり、途中で保険を解約しようとした場合。
この場合は、解約することが出来る権利は、「保険契約者もしくは被保険者にしか無い」と、いうことなのです。

 

また、夫が保険契約者のまま離婚をしてしまうと、どうなるのでしょうか。
これは、子供に万が一のことがあった場合、おりるはずの給付金が、契約者である夫へ支払われてしまう可能性もある、ということなのです。

 

このように、離婚の可能性を考えた場合、保険契約者は、「妻にしておくのが妥当」と言えるでしょう。
とはいっても、離婚の可能性を考えて学資保険に加入する、という考え方には、違和感がありますね。
参考として、「こういった選択の仕方もあるよ」ということを、知っておいてもいいのではないでしょうか。

 


今、保険加入のことで悩んでいる方におすすめ!


保険料が安くて合理的な保険を組むにはやはり、保険のプロの相談相手が必要です。


最近はWEBから申し込める無料保険相談サービスの利用者も多く気軽に相談できるのでおすすめです!