団体信用生命保険と重複加入

団体信用生命保険を、ご存知でしょうか。
これは、住宅ローンの返済期間中に、死亡したり高度障害になってしまった場合、本人に変わり、生命保険会社が住宅ローンの残高を支払う制度です。
通称「団信」とも、呼ばれています。

 

これは、住宅ローンを組む際に、金融機関が、ローン利用者を、まとめて生命保険会社に申し込みます。
団信は、掛け金も安く、また加入時年齢による条件の差がありません。
加入者にとっては、負担が少なく、メリットの多い保険であるといえるでしょう。

 

ですが、民間の住宅ローンの場合は、保険料がローン金利に含まれている場合がほとんどです。
その為、住宅ローンを利用されている人は、ご自分が「生命保険に加入している」ということを、意識していないケースが多くあります。

 

もし、既に生命保険に加入している人は、一度、見直してみましょう。
その中に住宅資金の保障額も含まれているのであれば、それは重複加入になります。

 

もし、重複していた場合、

 

・減額した分の保険料を住宅ローンの繰上返済の資金に充てる
・長期療養で返済が出来なくなるくなってしまうリスクに備えて、長期所得補償保険等の損保に加入する

 

というような可能性があります。
住宅ローンを組む際は、加入している生命保険も併せて、一度見直してみることをお勧めします。

 


今、保険加入のことで悩んでいる方におすすめ!


保険料が安くて合理的な保険を組むにはやはり、保険のプロの相談相手が必要です。


最近はWEBから申し込める無料保険相談サービスの利用者も多く気軽に相談できるのでおすすめです!