自営業の生命保険

自分で会社を経営している、いわゆる自営業の人は、厚生年金ではない国民年金と組合健保ではない国民健康保険に加入されている人は、多いはずです。

 

自営業の人とサラリーマンでは、考えなければならないリスクは、全く異なります。
ですから、保険の加入も、全く違う方面で検討する必要があります。
自営業の生命保険とは、どのようなものがいいのでしょうか。

 

そもそも、自営業の人の場合、厚生年金・共済年金に加入しているサラリーマンなどに比較すると、遺された家族が、国から受け取ることの出来る遺族年金の金額が、かなり少ないです。

 

この差は、毎年の差として累計されてきます。
ですから、時と共に、非常に大きな金額になってきます。
国民年金から出る遺族厚生年金は、18歳のお子様までしか、支給されません。
ですが、厚生年金から出る遺族厚生年金は、遺族基礎年金がストップされた後も、ずっと支給されます。

 

ですから、自営業の人は、この差額を意識して、手厚い保障を受けることが出来る保険加入を検討することが重要です。

 

遺族年金や遺族厚生年金、老齢年金や老齢厚生年金などは、理解していらっしゃいますか?
これが分かっていないければ、本当に必要な保険も、保障額も、分かりません。
ここで、頼りになるのが、ファイナンシャル・プランナー(FP)の存在です。
ファイナンシャル・プランナーは、保険のプロです。
まさに、このプロのアドバイスが必要な分野なのです。

 

しかし、社会保険とのバランスを見ながら保険を選ぶにせよ、いい相談相手がいるかいないかでは、プランの立てやすさは全く違います。
万が一の際に助けになる大切な保険です。
一度、ファイナンシャル・プランナーに、しっかり相談にのってもらう機会を、作ってみることをお勧めします。

 

 


今、保険加入のことで悩んでいる方におすすめ!


保険料が安くて合理的な保険を組むにはやはり、保険のプロの相談相手が必要です。


最近はWEBから申し込める無料保険相談サービスの利用者も多く気軽に相談できるのでおすすめです!