最低限必要な死亡保障額

今では、様々な種類がある保険。
その保険を選ぶのも、一苦労ですね。
保険選びのポイントとは、どのようなものなのでしょうか。

 

契約者に万が一の場合に強い味方になってくれるのが、死亡保障です。
これは、大切なお子様の教育費確保の為のものですから、定期で充分です。
お子様1人につき、最低でも500万円あれば十分だとも言われています。
ですが、出来れば、1,000〜2,000万円が目安です。

 

独身の人や、お子様のいらっしゃらない人、お子様が独立された人は、加入の必要はありません。
新たに保険に加入するのであれば、「掛け捨て」が有利です。
保険の見直しは、プロのファイナンシャルプランナーに相談しましょう。

 

生命保険は、あれこれ考えるよりも、単純に「死亡保障」だけを考えてみましょう。
生命保険と医療保険は、別々に入っておくことで、後々見直しがしやすくなります。
医療保険は、生命保険の特約で入ることも可能です。
ですが、お子様が独立してから生命保険を解約した場合、医療保険も一緒に解約されてしまいます。

 

死亡保障は、残されたご家族の為に加入する保険です。
ですから、目先の保障や保険料だけを考えるのではなく、一生に掛かる保険料の合計や、保障期間・保障額を考えましょう。

 

死亡保障が必要になるのは、お子様の教育費を確保しなければならない時です。

 

もしもの時に、残されたご家族に何の保障もなければ、生活していくことが出来ません。
特に、大切なお子様が独立するまでの期間は、保障出来れば安心ですね。
教育費は、1人分1,000〜2,000万円の額を、生命保険で確保出来れば理想的です。

 

<死亡保障を厚くしておきたい人>
 ・奥様が若く、専業主婦で子供が小さい
 ・親や兄弟の生活を支えている

 

<死亡保障が少なくても良い人>
 ・独身の人
 ・共働きでお子様がいない人
 ・お子様が既に独立している人

 

ご自身に万が一のことがあったと仮定した場合、誰かが経済的に困るなら、生命保険に加入しておくことをお勧めします。

 

<最低限必要な死亡保障額>

 

現状の生活レベルを保てる金額を計算する方法があります。

 

 「年収×70%×定年までの年数」

 

そこから、社会保険支給分や死亡退職金などを差し引いた金額を、保障希望額と照らし合わせてみましょう。
お子様1人につき、最低でも500万円、可能であれば、1,000〜2,000万円をみておけばいいでしょう。

 


今、保険加入のことで悩んでいる方におすすめ!


保険料が安くて合理的な保険を組むにはやはり、保険のプロの相談相手が必要です。


最近はWEBから申し込める無料保険相談サービスの利用者も多く気軽に相談できるのでおすすめです!