働く女性の生命保険の選び方

生きていく上で、「万が一」のことが起きる可能性があります。
ここでは、働く女性の生命保険の選び方について、お話したいと思います。

 

<独身女性の場合>

 

独身の間は、ご自分が死亡した時に掛かる費用くらいは、遺族に負担させないようにしておく程度のもので十分です。
誰かに保障を残すことより、まずは、ご自身の病気やケガの治療の為に、医療保険を検討するのが必要と考えられます。

 

しかし、ご両親やご兄弟などを扶養しているような場合は、状況は違ってきます。
大黒柱であるご自身が死亡した場合に、何も保障されなければ、扶養している両親等が経済的リスクを負う場合があります。
ですから、必要に応じた死亡保険への加入が望ましいでしょう。

 

・自分がケガ・病気にかかった時、その治療を目的とした保険をおさえる
・自分が亡くなった時の葬式代やお墓代に相当する、最低限の死亡保険を検討する
・その他、年金・蓄財を検討する

 

お葬式代に、プラスアルファの保障額でいいでしょう。

 

<既婚者の場合>

 

生活費やローンの支払いなどの中で、奥様の収入がどのような割合を占めているかが重要です。
生活費などにに対して、奥様の収入が充てられていない場合は、特に問題ありません。
もし、奥様の収入が、生活費やローンの支払いに充てられている場合は、万が一の時、残された家族は経済的に困ることにもなり兼ねません。

 

また、これは、奥様がケガや病気で入院された場合にも同様です。
ですから、医療に関する保険のことも、しっかりと検討することが大切です。

 

奥様が亡くなった時、奥様の生前の収入が生活費などを占める割合に応じて、残された家族に必要な死亡保険を検討しましょう。
死亡保障だけではなく、ケガ・病気の時の、治療を目的とした保険を抑えることも大切です。
主に、奥様が家計を支えている場合は、所得補償もきちんと検討しましょう。

 


今、保険加入のことで悩んでいる方におすすめ!


保険料が安くて合理的な保険を組むにはやはり、保険のプロの相談相手が必要です。


最近はWEBから申し込める無料保険相談サービスの利用者も多く気軽に相談できるのでおすすめです!