知ってますか?

 

学資保険(子供保険)は、

 

満期で返ってくるお金が支払った保険金額より少なくなることを

 

※特に親の死亡保障が付いている保険には注意が必要です。

 

 

<< 学資保険の真実!特集ページはこちら>>

 

子供の貯金と学資保険はどっちが良い?

 

お子様が生まれてから、毎月10,000円を子供の通帳に貯金している人も、たくさんいらっしゃると思います。

 

銀行などの定期預金を利用するのと、学資保険に加入するのとでは、どちらが運用率が高いかと悩む人も、多いのではないでしょうか。

 

ここでは子供の為に貯蓄するのが良いか、学資保険に入るのが良いか比べてみます。

 

貯蓄のメリット・デメリット

 

銀行や郵便局への貯蓄するメリットは、元本割れしないことと、もし何かお金が必要になったという時に、動かせるお金なのですぐに使えるというところです。

 

普通預金の金利が、ほぼゼロの時代ですから、増やすということは難しいでしょう。

 

では、定期預金の場合は、どうでしょうか。

 

低金利であっても、定期預金であれば、普通預金よりは高い、一定の利率を確保することが可能です。

 

ですが、今の時代は、昔のように金利は高くはありません。ですから、「銀行に預けていれば、どんどん元本が増える」ということは、なくなってしまいました。

 

学資保険のメリット・デメリット

 

学資保険は、親やお子様に、万が一のことがあったときの保障として、保険料支払いが免除され必要な時に給付が受けられるので確実に教育費が確保できます。

 

学資保険は解約時期に注意

ただ、学資保険に加入するにあたり、気をつけておかなければならないことがあります。

 

それは、「実際に給付金を受け取るのは、大学入学18歳頃になってから」ということです。それまでに解約してしまうと、元本割れしてしまいます。

 

ですから、途中で解約しない」ことが重要です。満期まで支払いをして、満期学資金を受け取ってこその学資保険なのです。毎月の保険料は、毎月きちんと支払わなければなりません。ましてや、保険料を支払いが厳しいという理由で契約を解除してしまえば、今までの苦労が無駄になってしまうのです。

 

それと、よくある銀行などですすめられる学資保険では保障部分(親の死亡、子供の病気の保障などの特約付き)が優れた商品であればあるほど、積立から保険料が差し引かれるため、返戻金が元本を下回ってしまうこともあり、貯蓄性の面では、やや欠けてしまうことになります。

 

「元本を増やす」という目的を持って、それぞれの商品を選ぶのであれば、保障部分を抑えたタイプの学資保険を検討するといいでしょう。

 

おすすめの方法

 

このように、貯蓄、学資保険、「どちらの方が元本が増えるか」、「どちらがより賢明か」とは、言い切れないのです。しかし、学資保険も定期預金も、上手く商品を選ぶことが出来れば、損することはないということは、言い切れるでしょう。

 

低解約型の長期保険が学資保険としても、活用されています。長期保険は、払込期間満了後に、解約返戻金が元本を上回る保険となっています。

 

でも、そんな保険はどこにあるの?一番得する保険はどれ?など保険選びは素人には難しいことです。

 

そんな時は、保険のプロに相談して賢く保険に入ることをおすすめします。

 

いろいろ悩まずとも今、一番お金が貯まる学資保険をすぐに教えてくれます。

 

当サイトでは、こちらのサイトをおすすめしています。

 

なぜなら、よくある相談するための店舗に行かなくても、専門家が直接訪問してくれますし、自宅に来てほしくないときは、喫茶店やファミレスなどこちらの指定した場所、好きな時間での相談にも応じてくれます。

 

今だけ商品券、5000円プレゼント中ですの要チェックです!