学資保険

学資保険といえば、教育資金を積み立てるものです。
ですが、契約者や被保険者に万が一のことが起きた場合、それに対する保障が付いたものが多くあります。
学資保険は、いわゆる「生命保険の一種」に、なるわけです。

 

学資保険に加入する前には、審査があります。
ですから、持病があると、学資保険に加入出来ないケースがあります。

 

これは、契約者と被保険者(保険の対象になる人)の、両方に言えることです。
ですから、どちらかに健康上の問題点がある場合は、学資保険に加入するのことが、難しくなるのです。

 

しかし、病状によっては、加入が出来る商品もあります。
ですから、持病があるからといって、学資保険に入れないということではありません。

 

どの保険会社であっても、学資保険の契約の際には、健康診断書や過去の疾病の有無などについても問われるのが一般的です。

 

実際に、ある病気が原因で、保険会社Aでは、加入を断られた場合でも、保険会社Bでは加入出来た、といったケースもあります。

 

例えば、「診断書に記載された病気に関しては、保障の効力がない」という条件付で、加入が出来る場合もあります。
更には、病気があっても、相談し、掛け金を増やすことを条件に、加入が出来ることもあるのです。

 

また、学資保険の契約者に関しては、一般的には、年齢制限が設けられています。
これはつまり、高齢であればあるほど、万が一の場合、死亡に至る確立が高くなるのが避けられない為です。

 

一般的に、学資保険の契約者は親ですが、お孫さんの為に加入したい、という祖父母世代の人も、おられます。
また、現代では、高齢になってからお子様を授かる人も、随分と増えてきています。

 

実は、学資保険に加入するとき、契約者の年齢が高ければ高いほど、保険料も高くなるケースがほとんどです。
学資保険の年齢制限については、保険会社によって、また、保険商品の内容によっても、異なります。

 

契約者の年齢制限は、ほとんどの場合で、女性が16歳〜60歳。
男性が、18歳〜60歳まで、といったように、設定されています。
また、被保険者の年齢制限は、0歳もしくは、生まれる前〜15歳くらいまで、というように定めている保険会社が一般的です。

 

保険契約者、更には被保険者についても、契約可能な年齢の範囲内でなければ、学資保険に加入することは出来ません。
この点は、注意が必要ですね

 


今、保険加入のことで悩んでいる方におすすめ!


保険料が安くて合理的な保険を組むにはやはり、保険のプロの相談相手が必要です。


最近はWEBから申し込める無料保険相談サービスの利用者も多く気軽に相談できるのでおすすめです!