両親が掛けてくれている保険の見直し

ご両親が掛けてくれている保険は、ありませんか?
これは、かんぽ生命の「養老保険」などで加入されているケースが多くみられます。
「かんぽ生命」とは、旧郵便局の簡易保険のことです。

 

また、大手生命保険会社の「定期保険特約付・終身保険」や「アカウント型」と呼ばれる保険も考えられます。
この保険は、どちらかというと「高額の死亡保障」に重点を置いた商品に加入しているケースが、ほとんどです。

 

「定期保険特約付き終身保険」といえば、老舗保険会社の主力商品として有名です。
ですが、これには必要のない保障がついていたり、10〜15年ごとに保険料が1.5倍〜2倍と上がっていく仕組みの保険です。

 

これらの保険は、満期を迎えると、特約も含めて全ての保障が終了します。

 

「とりあえずは、今のままでいいや。」

 

と、安易に考えていては、いけません。
一生涯、何も病気にならず健康に過ごせるのは、とても難しいことです。
こうして保険の見直しを先延ばしにしていると、健康上の理由で保険に入れなくなた、なんてことにもなりかねません。

 

大手生命保険会社の扱う「高額の死亡保障」に重点を置いた商品の場合は、ご自身のライフプラン(人生設計)と合っているかどうか、一度きちんと見直しをする必要があるでしょう。

 

また、結婚や出産を機に、これからのライフプラン(人生設計)を考えて、保険内容をしっかりと見直す必要があります。

 

人付き合い、義理加入、職場で加入した保険がある場合も、チェックが必要です。
会社に来ているセールスレディの勧めで、よく検討せずに加入した保険がある人は、特に要注意かもしれません。
この場合は、大手生命保険会社による「職域販売」という制度で加入している場合が多く見られます。

 

これも「定期保険特約付・終身保険」や「アカウント型」と呼ばれるものが多いです。
この場合は、どちらかというと「高額の死亡保障」に重点を置いた商品に加入しているケースがほとんどです。

 

「高額の死亡保障」に重点を置いた商品の場合は、ご自身のライフプラン(人生設計)に合っているかどうか、きちんと見直しをする必要があるでしょう。

 

色々な保障を考えても、無駄に掛けていては、意味がありません。
ご両親が掛けてくれている保険と同様に、ご自身のライフプラン(人生設計)に合った保険設計にすることが重要です。

 


今、保険加入のことで悩んでいる方におすすめ!


保険料が安くて合理的な保険を組むにはやはり、保険のプロの相談相手が必要です。


最近はWEBから申し込める無料保険相談サービスの利用者も多く気軽に相談できるのでおすすめです!