団体信用生命保険

「団体信用生命保険」という言葉を、聞いたことはありますか?
団体信用生命保険とは、住宅をローン購入する際に加入する生命保険のことです。

 

団体信用生命保険は、民間ローンでは、必ず加入することが義務付けられます。
ですが、公的ローンでは、義務付けはされておらず、任意加入となっています。
任意といっても、加入率は「95%」と高く、ほとんどの人が、これを活用しています。

 

では、なぜこれほどまでに、団体信用生命保険への加入率が高いのでしょうか?

 

ローンの中でも、住宅ローンは、高額で返済は、長期間に渡ります。
ですから、その返済期間中に、万が一のことが起こらないとも限りません。
そんな、もしもの時の為に、この団体信用生命保険が存在しているのです。

 

団体信用生命保険は、住宅ローンの返済中に、名義人が重度の障害を持ってしまったり、死亡した際に、保険金と住宅ローンが相殺される仕組みの生命保険です。
つまり、もしもの時は、生命保険会社が、住宅ローン残高の支払いを引き受けてくれるので「住宅ローンがチャラになる」ということなのです。

 

もし、一家の大黒柱に何か起こってしまった時、残された家族は、住宅ローンの返済に追われる生活を強いられるでしょう。
そうならない為に、残された家族が安心してマイホームに住み続ける為にも、団体信用生命保険は、欠かせない存在なのです。

 

団体信用生命保険は、掛け金が安く、ローン残高に応じて保険料が減っていきます。
このような部分から見ても、メリットの多い保険と言えるでしょう。

 

ところで、余分な生命保険に加入してはいませんか?

 

通常の民間の住宅ローンは、ほとんどの場合、保険料が、ローン金利に含まれています。
その為、利用される人は、ご自分が生命保険に加入していることを意識していないケースが多くあります。
もし、既に加入している保険の中に、住宅資金の保障額も含まれているとしたら、それは重複加入です。
住宅ローンを利用する際は、既に加入している保険の見直しも、併せて行うといいでしょう。

 

住宅ローンの繰上返済の資金に、減額した分の保険料を充てるのも、賢いやり方です。
長期療養などで、返済が出来なくなってしまうことも考えて、長期所得補償保険などの損害保険に加入するのもいいでしょう。

 

このように、効率の良い運用プランに組み替えるのも、損をせず、きちんと保障を受けることが出来る方法といえるのではないでしょうか。

 


今、保険加入のことで悩んでいる方におすすめ!


保険料が安くて合理的な保険を組むにはやはり、保険のプロの相談相手が必要です。


最近はWEBから申し込める無料保険相談サービスの利用者も多く気軽に相談できるのでおすすめです!