生命保険の種類記事一覧

離婚すると、いろいろと、何かしらの手続きが必要になってきます。離婚するということは、「一人で生きていく」ということになります。夫婦で補い合って暮らす生活では、なくなるということでもあります。ですから、離婚後は、「自分のための保障」という部分に、焦点を当てて考えることが必要になってきます。ここで、まず確認すべき部分は、「既に加入している保険の契約内容」です。契約者の名義変更だけでなく、保障内容の見直...


今では、様々な種類がある保険。その保険を選ぶのも、一苦労ですね。保険選びのポイントとは、どのようなものなのでしょうか。契約者に万が一の場合に強い味方になってくれるのが、死亡保障です。これは、大切なお子様の教育費確保の為のものですから、定期で充分です。お子様1人につき、最低でも500万円あれば十分だとも言われています。ですが、出来れば、1,000〜2,000万円が目安です。独身の人や、お子様のいらっ...


専業主婦は、もし万が一のことがあっても、経済的な影響は、それほど大きなものではありません。ですが、保障のあるものを用意しておくに越したことは、ありません。専業主婦が生命保険に入る必要は、あるのでしょうか。また、もし加入するとしたら、どのような商品が最適なのかで、お悩みの人も多いようです。専業主婦の保険の必要性専業主婦の人の場合は、一般的には、大きな死亡保障は不要といえるでしょう。生命保険の死亡保険...


「団体信用生命保険」という言葉を、聞いたことはありますか?団体信用生命保険とは、住宅をローン購入する際に加入する生命保険のことです。団体信用生命保険は、民間ローンでは、必ず加入することが義務付けられます。ですが、公的ローンでは、義務付けはされておらず、任意加入となっています。任意といっても、加入率は「95%」と高く、ほとんどの人が、これを活用しています。では、なぜこれほどまでに、団体信用生命保険へ...


おうちを建てた時、だいたいの人は、住宅ローンを組んで支払いを進めていくと思います。一般的に、金融機関の住宅ローンを利用した場合、「団体信用生命保険」も、併せて加入しています。住宅ローンの返済期間中に、万が一のことがあった場合も、団体信用生命保険に加入しておけば、ローンの残高は、ここから銀行へ支払われます。ですから、残されたご遺族は、ローン返済に苦しめられることはなく、安心してマイホームに住み続ける...


団体信用生命保険を、ご存知でしょうか。これは、住宅ローンの返済期間中に、死亡したり高度障害になってしまった場合、本人に変わり、生命保険会社が住宅ローンの残高を支払う制度です。通称「団信」とも、呼ばれています。これは、住宅ローンを組む際に、金融機関が、ローン利用者を、まとめて生命保険会社に申し込みます。団信は、掛け金も安く、また加入時年齢による条件の差がありません。加入者にとっては、負担が少なく、メ...


団体信用生命保険の種類は、「公的ローン」と「民間ローン」というように、大きく2つに分けられます民間ローンでは、金融機関によっては、とてもユニークな団体信用生命保険のプランを扱っているところもあるようです。1、住宅金融支援機構これは、「旧・住宅金融公庫」のことです。住宅金融支援機構などの公的ローンを利用する際は、機構団体信用生命保険の利用が可能になります。保険料が、ローン残高に応じて減っていくので、...


ご両親が掛けてくれている保険は、ありませんか?これは、かんぽ生命の「養老保険」などで加入されているケースが多くみられます。「かんぽ生命」とは、旧郵便局の簡易保険のことです。また、大手生命保険会社の「定期保険特約付・終身保険」や「アカウント型」と呼ばれる保険も考えられます。この保険は、どちらかというと「高額の死亡保障」に重点を置いた商品に加入しているケースが、ほとんどです。「定期保険特約付き終身保険...


生きていく上で、「万が一」のことが起きる可能性があります。ここでは、働く女性の生命保険の選び方について、お話したいと思います。<独身女性の場合>独身の間は、ご自分が死亡した時に掛かる費用くらいは、遺族に負担させないようにしておく程度のもので十分です。誰かに保障を残すことより、まずは、ご自身の病気やケガの治療の為に、医療保険を検討するのが必要と考えられます。しかし、ご両親やご兄弟などを扶養しているよ...


お子様が生まれたら将来を考えて、「こども保険」と、すぐに考えがちですね。ですが、実は「こども保険」という、特別な保険がある訳ではありません。これは、生命保険の基本形の1つである「養老保険」などをアレンジして、それらしい商品名をつけて販売しているケースが、ほとんどなのです。そこで、一般的なこども保険の場合、貯まる金額は、100万円から多くても200万円程度のものです。これは、基本的に大学入学に掛かる...


社会人になったら、経済的な面からも、親から自立することと思います。自立の為の心構えとして、生命保険に、しっかりと加入しておくことが必要です。社会人の生命保険とは言っても、死亡保障については、「せめて自分が亡くなった時に掛かる費用くらいは、遺族に負担させないようにしておく」という程度で十分です。また、ご自身の病気・ケガの治療の為に、まずは医療保険を検討することが必要とも考えられます。では、保険の加入...


自分で会社を経営している、いわゆる自営業の人は、厚生年金ではない国民年金と組合健保ではない国民健康保険に加入されている人は、多いはずです。自営業の人とサラリーマンでは、考えなければならないリスクは、全く異なります。ですから、保険の加入も、全く違う方面で検討する必要があります。自営業の生命保険とは、どのようなものがいいのでしょうか。そもそも、自営業の人の場合、厚生年金・共済年金に加入しているサラリー...


知ってますか?学資保険(子供保険)は、満期で返ってくるお金が支払った保険金額より少なくなることを※特に親の死亡保障が付いている保険には注意が必要です。<< 学資保険の真実!特集ページはこちら>>子供の貯金と学資保険はどっちが良い?お子様が生まれてから、毎月10,000円を子供の通帳に貯金している人も、たくさんいらっしゃると思います。銀行などの定期預金を利用するのと、学資保険に加入するのとでは、どち...


学資保険といえば、教育資金を積み立てるものです。ですが、契約者や被保険者に万が一のことが起きた場合、それに対する保障が付いたものが多くあります。学資保険は、いわゆる「生命保険の一種」に、なるわけです。学資保険に加入する前には、審査があります。ですから、持病があると、学資保険に加入出来ないケースがあります。これは、契約者と被保険者(保険の対象になる人)の、両方に言えることです。ですから、どちらかに健...


「学資保険に加入する際の保険契約者」。これは、被保険者が子供であるのに対し、両親のどちらかになるのが一般的です。つまり、夫もしくは妻が、保険契約者としてサインをします。学資保険の場合、保険契約者の万が一の死亡に備えた保険金、即ち「育英年金」が支払われる商品が多くあります。つまり、この対象が、夫もしくは妻のどちらか一方である、ということです。大抵のご家庭では、大黒柱的存在であるのは、殆どの場合、夫で...