専業主婦でも生命保険(死亡保障・医療保障)が必要な理由!

家事や育児に専念する専業主婦であっても、生命保険(死亡保障・医療保障)は必要です。ですが保険は経済的な不安を補うための一つの方法です。もし経済的にゆとりがあって、不測の事態が起きたとしても貯蓄ですべてまかなえるのであれば保険は必要ありません。しかし、そういうご家庭は多くはありません。もし今、生命保険に少しでも興味があれば、この機会に将来のことまで考えしっかり検討される事をおすすめします。

 

   専業主婦の保険は次のような保障が必要!

 

1. 自分が死んでしまった時の死亡保障
2. 残された家族の生活を守るための死亡保障
3. 自分のための医療保障

 

自分が死んでしまった時の死亡保障

人は亡くなってしまうと何かとお金が必要となります。保険で必ず用意する必要はありませんが、葬儀代墓石代は決して安いものではありません。葬儀代の目安は300万から500万、墓石も数十万〜数百万と言われています。終身タイプで総支払額よりも多くの保障が受け取れるタイプの死亡保障が貯蓄よりお得です。

残された家族の生活を守るための死亡保障

子供が小さければ小さいほど母親に万一の事があった場合、「保育園や託児所を利用」「父親の勤務時間の短縮や仕事量の削減」など保育の為に支出が増えます。育児の為の支出が増える一方、収入が減ってしまうということになります。結果、このような状態が続けば生活も苦しくなり、子供の教育費など工面できなくなってしまいます。その上、母子家庭に比べ国の父子家庭に対する補助や援助は不十分ですから父親の負担は大きなものとなります。残された家族の生活保障や子供の養育費を考えると、子供がいる家庭では専業主婦とはいえ、それなりの死亡保障を考えなければなりません。生命保険を毎月の給料のように受け取れ計画的にこれまでどおりの生活を送りやすい収入保障型の保険などもおすすめです。

自分のための医療保障

家をあずかる主婦が、病気で長期間入院したりする場合も家計への負担が増えるので、医療保険も加入しておくと安心です。女性の場合は男性に比べて女性特有の乳がん、子宮ガンなどのリスクが30代を過ぎると高まります。抗がん剤を開発するコストは高騰し、先進医療など必要になればガンの治療費が高くなるのでガン保険も考える必要があります。年齢が若ければ若い程、ガンにかかるリスクが低いので保険料も安くなります。

 

あくまでも保険は自分の経済的な不安をカバーする手段です。

 

不足の事態をすべて貯蓄でカバーできるなら保険は要りません。ですが万が一の事か起こってしまった時、安心して家族を守れるか不安な方は、今回は良いきっかけだと思いますので将来のことまで考えて生命保険をご検討されて見てはいかがでしょうか?

 

ですが保険は様々なタイプ、取り扱い店があり、なかなか複雑で解りにくいものです。さっぱりわからないという方も多いのではないでしょうか?ですから無駄の無い保険設計をするためにも、複数の保険会社を取り扱っているところ2、3箇所で相談することをおすすめします!

 

おすすめの保険相談窓口はこちら

保険、難しいですね。保険料が安くて合理的な保険を組むにはやはり、保険のプロの相談相手が必要です。最近は以下のようなWEBから申し込める無料保険相談サービスの利用者も多く気軽に相談できるのでおすすです!

 

保険のビュッフェ

業界に精通したファイナンシャルプランナーが生命保険の相談に無料でお答え。国内外の多種多様な金融商品を客観的な視点で提案。「貯金が出来ない」「出費を削りたい」といったお金の相談も可能です。複数社の保険商品を比較し「いいとこ取り設計」を提案してくれます!まずは相談!是非当サイトをきっかけに検討してみて下さい!

 

保険相談はこちらから